疲労回復の方法

疲労はからだが健康でいるためについている、警報みたいなものといえます。

大きく分けると、疲労は運動などの筋肉が疲れる「肉体的」と、仕事や人間関係などからくるストレスによる「精神的」なものがあります。

どちらもその原因となることが過度になれば、体は壊れ、つまり健康を害します。無理な運動、過度な運動をやりつづければ怪我や故障で肉体が壊れてしまいますし、悩みなどを放置してストレスが増えていくままになってしまっては、精神に負担が大きくて正常な判断ができなくなったり、心の病に陥ります。

そういった決定的な悪い状態を手前で防ぐために、疲労という警告が「休め」と伝えてくるわけです。

では、疲労回復の方法について説明します。

睡眠による休養は重要

体をリラックスさせた状態で体と心を休めることでも疲労は回復しますが、睡眠はより効果的な休養です。睡眠は、成長ホルモン物質の生成による免疫力の向上と体の成長と再生による回復がありますし、ストレス解消の効果もあります。

睡眠時間については個々人に差がありますので、何時間とればOKという正解はありません。調子の良い睡眠時間をみつけて、それを生活のルーチンに組み込むことが重要です。決まった時間に寝て、決まった時間に起きるという規則性が睡眠の質を高めてくれます。

反面、その睡眠時間やルーチンに、ガチガチにこだわる必要はありません。「時間が守れなかった」と神経質になってしまうと、それがストレスの原因になるからです。

ルーチンは守るのは基本ですが、人付き合いや生活していくうえで色々なことがありますから、毎日その一定のパターンのなかで生活していくのは無理があります。ルーチンからはずれた翌日に、戻せれば良いわけです。

栄養バランスのとれた食事で回復に必要な原料をえる

疲労の回復には、その原料となる栄養が必要です。肉体的な回復には筋肉など細胞の再生やホルモン分泌に素材となる栄養が必要ですし、精神的な疲労であっても軽減・回復するには栄養が必須です。

特にダイエットなどで食事制限や食事量を普段よりも減らしいたりすると、回復力が大幅に下がってしまいます。

栄養という点で、バランスも重要です。

多くとりすぎても栄養は使い切れない分を排泄で捨てられてしまったり、脂肪として体内にためこんでしまったりしてしまいます。また、ビタミンなどのタンパク質をエネルギーに転換してくれたりする栄養素も必要です。

色々と、あれとこれが必要とか細かいことはありますが、結局は「バランスの良い食事」とだけ意識しておくべきです。専門家でもないのに、細かい栄養素まで意識するのはやりすぎだとわたしは考えています。

知っているとバランスを意識しやすいので、以下の農林水産省がつくった資料(厚生労働省も協力して制作)を見ておくとよいでしょう。(クリックで拡大します)

食事のバランスガイド

すっぽん小町で疲労回復の原料を補給

このサイトでおすすめしている「すっぽん小町」は、疲労回復に重要なポイントの2つ目である栄養素の補給に便利です。

必須アミノ酸や、ビタミンなどの多様な栄養素をサプリメントで手軽に摂取できるのが特徴です。リピート率が高く、購入者から高い評価がわかる商品ですので、疲労回復に困っているならば、とりいれると効果が期待できます。

詳しくはトップページに書いてあります。

「すっぽん小町」の購入はこちらの公式サイトから